消化器内科

当科で診療する主な疾患

  • 食道・胃・大腸のポリープや早期癌の内視鏡的診断と治療を専門としています。特に最新の治療である「内視鏡的粘膜下層剥離術」も早期胃癌を中心に積極的に行っています。
  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍からの出血、食道静脈瘤破裂などの消化管出血に対しては緊急内視鏡を施行し迅速に止血処置を行います。
    また、潰瘍や胃癌の原因といわれるヘリコバクター・ピロリ除菌治療も行っています。
  • 胆管結石や膵臓癌・胆管癌などで胆管閉塞による黄疸・胆管炎をきたした場合は、内視鏡を用いて結石を取り除いたり、胆管の中にチューブ(ステント)を挿入し、閉塞を解除します。
  • 潰瘍性大腸炎やクローン病に代表される炎症性腸疾患に対しては、正確な内視鏡診断を行ったうえで、内服薬による治療だけでなく、血球除去療法や抗TNFα療法も行っています。
  • B型・C型慢性肝炎のインターフェロン治療や抗ウイルス剤(核酸アナログ製剤)による治療を行っています。
  • 吐血、下血、腹痛、腸閉塞などの救急疾患に対して常時対応しています。
  • 脳血管障害などにより経口摂取が十分できない患者様には内視鏡的胃瘻造設術も随時行っています。
  • 胆嚢・膵臓の内視鏡治療および超音波内視鏡診断も行なっています。
  • 手術適応のない各種消化器進行癌に対して抗癌剤治療を行っています。

造影超音波検査について

消化器内科では、肝疾患患者様の腫瘍精密検査やスクリーニング検査に対して、造影超音波検査を積極的に施行しており、その検査件数は県内でもベスト3に入るまでになりました。造影超音波検査に使用する造影剤はアレルギー反応がほとんどなく、CT検査やMRI検査に使用する造影剤とは異なり腎臓の悪い患者様にも使用することが可能です。また、超音波検査の分解能(見分けられる最小の値)はCT検査やMRI検査よりも優れているため、より早期の腫瘍を発見することができます。

肝疾患の治療

近年ウイルス性肝炎(特にB型、C型肝炎)の治療は飛躍的に進歩しております。以前より難治性とされてきたC型肝炎 genotype 1型に対しては、2014年9月より経口剤であるダクラタスビル+アスナプレビル治療が保険適応となり、当院でも約50人の患者様に治療をさせていただき、6ヶ月の治療で約9割の方が治癒を見込めるまでになりました。またgenotype 2型に対しては、2015年5月より経口剤のソホスフビルの3ヶ月治療が保険適応となり、当院でも治療開始しています。またB型肝炎に関しては、ガイドラインに従い、エンテカビル、テノホビル等の薬剤による治療を積極的に行い、定期的に画像検査を行っております。
また、肝癌に対しては、経皮的肝動脈塞栓術(TACE)やラジオ波焼灼術(RFA)、経口剤のソラフェニブ等による内科的治療を積極的に行っております。
患者様にとって、負担が少なく、かつ効果的で安全な最新治療を行うことを心がけております。
2012年1月より毎週木曜日に肝臓外来を開設しておりますので、肝炎、肝癌等の治療にご興味をもたれている方は、どうぞお気軽にご相談ください。

平成27年7月

〒451-8511 名古屋市西区栄生2-26-11 TEL:052-551-6121

Copyright(c) MEITETSU HOSPITAL All Rights Reserved.