医師として
飛躍する土台が
ここにはある

小林 裕幸
名鉄病院副院長・
研修プログラム責任者

患者さんを救うため、
ともに戦う仲間として

研修医といっても、患者さんを救うために力を合わせる仲間であることに変わりはありません。担当の指導医・上級医はもちろん、看護師やコメディカルスタッフもそのつもりで研修医と向き合います。
1日の救急車受け入れ件数は約20件、学んだ知識を実践に移す場は豊富に用意されています。他スタッフと互いに切磋琢磨しつつ、確かな技術を固めていってほしいと思っています。

優等生である必要も、
限界を決める必要もない

個人の裁量が大きい分、自分の興味・関心のあることに積極的に挑戦できるかどうかで、研修の価値が決まるといっても過言ではありません。ただプログラム通りにこなす優等生ではなく、やりがいをもって働く医師となることが何よりも大切です。
みなさんの未来に限界はありません。望めばなんでもできるこの環境で、医師として大きく飛躍するための土台を築いてくれることを期待しています。

指導医・上級医からのメッセージ

MESSAGE

学ぶ機会はかなり豊富。
自ら挑戦する勇気を

荒木先生
泌尿器科 指導医

名鉄病院では年に2,000例以上の手術があるので、手術を通して疾患病態を理解していただくことになります。名鉄病院で施行例のない症例も、連携している他の専門病院で学ぶことができます。
他病院から専門医をお招きしたり、研修会や講演会に出たりと、勉強する機会はたくさん用意されています。名鉄病院の研修では、やる気次第で救急医療から地域医療、そして高度な最新医療も学ぶことができます。研修医と指導医との距離がとても近く、不安なことや疑問点はすぐに相談できる環境です。新しいことに挑戦する気持ちをもって臨めば、名鉄病院での研修は皆さんの医師人生にとってとても有意義なものになると思います。

指導医としっかり話し合いながら
「医師」になっていく

内田先生
脳神経内科 指導医

必修のローテートさえこなせば、残りの期間は希望する科を自由に選択できる点が名鉄病院の研修の特徴です。積極的にアプローチすれば、自分のやりたいことを好きなだけ経験することもできます。
医師として働くにあたっては、医療スキルだけではなく、病院という組織の一員であることを意識することも大切です。特に、名鉄病院のスタッフ総数はけして多くないので、誰とでも分け隔てなくコミュニケーションをとれる医師になってほしいと思っています。私たち指導医も、研修医の皆さんとコミュニケーションをとりながら、モチベーションに合わせて指導します。指導医と密に相談しつつ勉強したいという方は、ぜひ名鉄病院での研修を検討してみてください。

研修医ひとりひとりが興味を持ち、
積極的に学べる研修

安田先生
内分泌・代謝内科 医師

名鉄病院は研修医の人数が少なく、指導医や上級医との距離も近いので、ひとりひとりに手厚い指導ができる環境が整っています。
臨床経験豊富なベテラン医師が多く在籍していることも、研修医の皆さんにとっては大きな利点となるのではないかと思います。私たち上級医も、研修医の方が興味を持ってくれるよう、分かりやすく伝わりやすい指導の仕方を心がけています。名鉄病院は「地域密着型の医療」と「断らない救急」の揃った「患者さんに優しい病院」です。そんな環境で大きく成長したい方、ぜひ一緒に働きましょう。お待ちしています。

思い描く「理想の医師」に
近づけるかどうかは自分次第

大北先生
消化器内科 医師

名鉄病院の研修の特徴は、仕事も頑張る、勉強も頑張る、プライベートも充実しているというバランスの良さです。研修医ひとりあたりの症例数は担保されているので、あとは自分のやる気と体力次第でいろいろなことが経験できます。
スタッフの人柄も名鉄病院の魅力で、技術的な面はもちろん、人間的な面でも学ぶことは多いです。消化器内科はなにかと他科の先生方の手を借りることが多いのですが、みんな嫌な顔ひとつしないで引き受けてくれます。学生と研修医との違いは「いかに能動的に仕事をするか」という点です。どこまでやれるかは自分次第。ぜひ名鉄病院で経験を積み、自分自身の「理想の医師」へ近づいていってほしいと思います。