平成29年度 名鉄病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1014 226 227 230 473 590 1316 2018 2048 559
当院では地域に根差した病院として、幅広く急性期患者さんを受け入れています。
60歳以上の退院患者の割合が68%を占め、これから迎える超高齢者社会に備え、急性期から亜急性期まで幅広い患者様を受け入れる体制を整えております。
また、救急搬送を積極的に受け入れ、搬送実績は、平成28年度に比べ約10%増の7014台となっており、退院患者数も増加しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 21.15 17.71 3.70 85.59
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 23.92 20.83 8.33 85.25
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 7.71 - -
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 11.21 - -
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 12.72 - -
第1位は循環器科を参照下さい。 第3位、第4位の不整脈には、頻脈(脈拍が速い物)と、徐脈(脈拍が遅い物)があります。 頻脈には、命にかかわる心室細動、心室頻拍と呼ばれる物から、動悸症状だけで治療の必要がない物まであります。 徐脈には、突然数秒間の心停止が起きて失神したりする洞不全や、いつも心拍が少なく、これが原因となって心不全を起こす房室ブロックなどがあります。これらは、体内にペースメーカーと呼ばれる機械を植え込むことで改善します。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 17 12.88 15.12 0.00 82.24
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 14.71 20.83 7.14 84.71
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病ありA-DROP スコア2 11 15.45 18.18 0.00 84.64
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 14.60 - -
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし - - 19.65 - -
呼吸器科では、肺炎が最も多い症例となっています。肺炎は高齢ほど重症化する傾向にあり、当院でも患者様の平均年齢が高くなっています。また、肺炎は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類(A-DROPスコア)による分類が指標として取り入れられたため、細分化しています。 次に多い症例は誤嚥性肺炎です。誤嚥性肺炎とは、食べ物が食道ではなく気管に入ってしまった場合、通常はむせて気管から排出する反射機能が働きますが、この機能が鈍り気管に 入り込んでしまった食べ物を排出できず、食べ物や唾液などが気管に入ってしまうことが原因で起こる肺炎のことです。食べていなくても誤嚥性肺炎になってしまうこともあります。 当院の呼吸器科の常勤医は1名ですが他の診療科と連携をとり、呼吸器疾患の治療にあたっています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 185 18.78 17.71 3.24 79.56
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 82 5.34 4.62 0.00 68.13
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 25.62 20.83 10.26 87.49
050130xx9901xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 32 26.25 19.53 9.38 78.88
050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 28 34.29 24.77 14.29 80.25
循環器疾患の診療は総合内科と循環器内科が協力して行なっており、夜間や休日も待機し、急性心筋梗塞、不安定狭心症などの急性期心疾患から高血圧症、慢性心不全、慢性腎不全などの慢性期心疾患や慢性腎臓疾患をカバーしています。 総合内科・循環器科ともに心不全が最も多い症例となっています。心不全は主として心臓のポンプ機能の低下によって、体内に過剰な水分が貯留して生ずる動作時の息切れや、むくみを主症状とする症候群です。当院では年間約300名の心不全を契機とする入院患者を扱っています。 冠動脈形成術は緊急・待機を合わせて年間140~170症例程行っております。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 99 8.32 10.61 0.00 72.83
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 49 6.02 5.50 0.00 58.71
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 45 6.73 7.87 0.00 63.60
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 9.98 10.71 0.00 70.10
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 6.77 8.98 0.00 63.97
消化器内科では、胃・大腸・肝臓・胆道・膵臓などの癌、胃十二指腸潰瘍、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎・クローン病、肝炎、胆石、膵炎など消化器疾患全般にわたる診療を行っています。 消化器内科では胆道系疾患が最も多く、胆管結石や膵臓癌・胆管癌などで胆管閉塞による黄疸・胆管炎をきたした場合は、内視鏡を用いて結石を取り除いたり、胆管の中にチューブ(ステント)を挿入し、閉塞を解除します。 また、ウイルス性腸炎(急性腸炎・感染性腸炎)、大腸の憩室炎・憩室出血、腸閉塞などの救急疾患にも常時対応し、多く診療しています。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍からの出血には、内視鏡を施行し、迅速に止血処置を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 219 6.16 5.94 0.46 1.69
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 185 5.14 5.50 0.00 4.28
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 144 6.95 6.32 0.69 2.10
030270xxxxxxxx 上気道炎 100 4.84 4.84 0.00 2.72
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 82 6.61 5.70 0.00 3.72
小児科では、肺炎、気管支炎、喘息等の呼吸器系疾患が多くなっています。次にウイルス性腸炎で、消化器系の疾患も多くなっています。 当科では、肺炎、気管支炎、胃腸炎、髄膜炎などの感染症を最も得意としており、豊富な経験に基づき、的確な診断のもとに治療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 6.64 7.40 0.00 58.62
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 48 3.21 4.47 0.00 57.00
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 46 5.43 5.56 0.00 34.87
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 15.98 15.61 2.27 69.68
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 8.00 8.98 0.00 72.46
外科では、胆石症に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術を行った症例が最も多くなっています。 第2位は結腸の悪性腫瘍に対する手術の症例、第4位は結腸の悪性腫瘍に対する化学療法(抗癌剤治療)となっています。癌に対しては専門医が術前の診断から手術の執刀、退院後の外来に至るまで継続的に診療にあたり、術後の抗癌剤治療、再発の早期発見などのフォローアップを一貫して行っています。 虫垂炎の症例は、基本的に全身麻酔による腹腔鏡下虫垂切除術を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 113 20.89 27.09 76.99 83.86
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 93 7.19 11.41 0.00 29.63
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 36 16.44 19.94 41.67 81.22
160720xx01xx0x 肩関節周辺の骨折脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし 35 10.54 13.35 2.86 37.54
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 31 25.87 19.87 0.00 56.65
整形外科では、大腿骨頚部骨折の手術症例が最も多く高齢者の転倒事例が多くを占めています。当院での急性期治療後は連携パスを用いて連携先の医療機関にてリハビリテーションを継続して行っているため、転院率が高くなっています。 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む)ならびに肩関節周辺の骨折脱臼では、スポーツ外傷の症例が多く、患者様の平均年齢も低くなっています。当院では関節鏡・スポーツ整形外科センターを開設し、肩、肘、膝の症例に対応しています。 胸椎・腰椎の圧迫骨折の原因でもっとも多いのが高齢者の骨粗鬆症です。当院でも高齢者の症例が多く、平均年齢も高くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 17.54 9.68 7.32 77.32
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 12.28 7.34 15.63 68.75
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 26.80 19.10 75.00 72.10
010200xx01x00x 水頭症 水頭症手術 脳室穿破術(神経内視鏡手術によるもの)等 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 21.12 - -
010020x099x00x くも膜下出血、破裂脳動脈瘤(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 9.17 - -
脳神経外科では、外傷性慢性硬膜下血腫に対しての血腫穿孔洗浄術を施行した症例が最も多くなっています。 次に外傷性硬膜下血腫の手術なし、脳内出血の手術なしの症例となっています。

※DPC名称にあるJCSとは入院時の意識レベルの状態のことです。「JCS0=意識障害がない~JCS300=まったく動かない、痛み刺激に全く反応しない」で分類し、「JCS10=呼びかけで開眼」する状態です。 当科では、診療時間内は日本脳神経外科学会専門医・指導医の医師が担当し、夜間・休日の時間外は待機医制をとり、必要な診察・治療を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 19 2.95 3.28 0.00 20.00
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 12 2.17 3.29 0.00 70.00
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし - - 7.31 - -
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 - - 2.85 - -
020210xx97x0xx 網膜血管閉塞症 その他の手術あり 手術・処置等2なし - - 7.32 - -
眼科では、白内障の症例数が最も多いのですが、DPC対象外のため診断群分類別患者数には含まれておりません。DPC対象症例のなかでは斜視手術が最も多い症例となっています。次に、眼瞼下垂手術となっています。特殊な検査や治療を必要とする症例は名古屋大学付属病院と連携をとって対応しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.48 - -
030240xx97xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 その他の手術あり - - 8.61 - -
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし - - 9.45 - -
030428xxxxxxxx 突発性難聴 - - 9.18 - -
030280xxxxxxxx 声帯ポリープ、結節 - - 5.17 - -
耳鼻咽喉科では、扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭炎が症例の上位をしめています。炎症が重症化した患者様は必要に応じて入院治療を行っています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 90 18.96 16.38 45.56 68.58
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) 40 6.53 5.30 2.50 69.13
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 39 5.59 5.15 2.56 64.33
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 35 17.83 16.51 45.71 73.49
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 35 16.17 12.34 0.00 78.43
神経内科では、脳梗塞の症例が多くを占めています。時間との闘いである脳卒中に対し早期に入院治療を開始しています。当院での急性期治療後は更なるADL(日常生活動作)の向上のため、連携パスを用いて連携先の医療機関にてリハビリテーション治療を継続して行っています。次にめまいとなっています。 脳梗塞の第1位と第4位の違いは、エダラボン(脳保護剤)使用の有無です。 ※JCSとは入院時の意識レベルの状態のことで「JCS0=意識障害がない~JCS300=まったく動かない」状態を表わし、「JCS10=呼びかけで開眼」する状態です。 ※「発症前RankinScale 0、1又は2」とは、脳梗塞を発症する前は自覚症状がなく日常生活は自立している状態です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 30 13.00 11.73 3.33 73.43
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.95 - -
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1なし - - 10.89 - -
100100xx99x0xx 糖尿病足病変 手術なし 手術・処置等2なし - - 21.95 - -
080105xxxxx0xx 重症薬疹 手術・処置等2なし - - 15.79 - -
皮膚科では、蜂窩織炎が最も多い症例となっています。蜂窩織炎は、皮膚および皮下組織の細菌感染症で、原因となる細菌には多くの種類がありますが、最も一般的なものはレンサ球菌とブドウ球菌です。 当科では、湿疹、じんま疹、血管炎、膠原病、水疱症、乾癬、ウイルス感染症、細菌感染症、真菌症、腫瘍など幅広い疾患を扱っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 109 6.76 7.31 0.00 74.99
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 99 5.73 5.75 0.00 60.88
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 68 12.38 12.92 0.00 71.96
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 46 10.11 9.73 2.17 73.52
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 42 8.81 7.64 0.00 76.88
泌尿器科では、膀胱癌の経尿道的手術が最も多い症例となっています。次に、腎・尿管結石の経尿道的結石除去術となっています。 第3位の前立腺の悪性腫瘍手術は、手術支援ロボット ダヴィンチXi による前立腺癌の前立腺全摘出術です。第4位は前立腺肥大症の経尿道的前立腺切除術で、お腹を切開することなく尿道から内視鏡を挿入して行う手術です。 ※生殖器脱出症(子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤・腟断端脱などの骨盤臓器脱)も多くの症例を診療していますが、DPC対象外(新規保険対象手術)のため診断群分類別患者数には含まれておりません。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx97xxxx 子宮の良性腫瘍 その他の手術あり 11 4.00 4.82 0.00 42.64
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 10 4.20 4.75 0.00 67.80
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 10 7.10 9.91 0.00 43.00
婦人科では、子宮筋腫の子宮動脈塞栓術が最も多い症例となっています。次に卵巣癌の化学療法(抗癌剤治療)、子宮筋腫の手術ありの症例です。 当科では子宮筋腫に対して、筋腫外来を設け患者様のライフワークに合わせた治療をセカンドオピニオンしております。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 44 18.20 16.48 0.00 77.36
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 26.16 20.83 12.00 86.28
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 24 40.38 33.42 0.00 79.50
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 22 18.64 12.34 4.55 82.64
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 16 30.19 40.97 0.00 73.50
血液内科では、非ホジキンリンパ腫が最も多い症例となっています。第1位は化学療法(リツキシマブ)をおこなった症例で、第3位は輸血と化学療法(リツキシマブ)おこなった症例です。 第5位は急性白血病(急性骨髄性白血病)で、輸血と化学療法をおこなった症例となっています。
内分泌代謝科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 63 14.67 14.27 0.00 61.32
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 31 21.06 12.34 3.23 82.71
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 22 9.73 5.15 0.00 68.50
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 21 17.14 14.63 0.00 66.71
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 20 16.35 10.05 0.00 69.75
内分泌・代謝内科では、2型糖尿病の教育入院、血糖コントロール、合併症検査等の症例が最も多くなっています。また手術前の血糖コントロールを行う症例もあります。平成28年度より2型糖尿病は末梢循環不全の有無、年齢(85歳以上、未満),インスリンの導入の有無による分類が取り入れられたため細分化しています。 当院には糖尿病療養指導士、糖尿病認定看護師の資格をもつ看護師、検査技師、管理栄養士が常勤しており、医師だけでなくスタッフ一同で糖尿病のチーム医療にあたっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 29 - 27 34 24 44 1 7
大腸癌 27 37 34 128 24 92 1 7
乳癌 - - - - - 14 1 7
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - 24 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんについて集計期間中に入院治療を行った延べ患者数を病期(ステージ)ごとに集計したものです。10症例未満は-(ハイフン)で表示してあります。
当院で、がんの診断ならびに初回治療をおこなった「初発」の患者数を比較すると大腸癌が最も多く、次に胃癌となっており消化器がんの症例が多いことがわかります。
大腸癌のステージⅣの症例数が多いのは、化学療法のため入退院を繰り返すケースがあるためです。
また、不明に分類されている症例は、治療前の検査入院など入院期間中に検査結果がでておらず入院情報のみでは病期分類が出来なかったためと考えられます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 10.53 55.73
中等症 165 16.98 81.44
重症 61 19.51 84.10
超重症 33 21.21 86.24
不明 - - -
成人(20歳以上)の市中肺炎患者について重症度別に集計したものです。重症度分類はA-DROPスコアを用いています。また、市中肺炎とは普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことです。
当院では軽症から重症の方まで幅広く肺炎治療をしています。重症の方にはハイケアユニットにて、より高度な医療が実現できる環境を整えています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 217 21.38 73.24 42.86
その他 - - - -
発症日から3日以内の症例がほとんどです。
平均年齢は73歳と高齢者の方が多く、入院期間は約3週間で治療とリハビリテーションを行っています。
転院率が42%と高くなっていますが、これは当院での急性期治療後、連携パスを用いて、連携先の医療機関でリハビリテーション治療を継続して行っているためです。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 55 0.62 8.04 0.00 73.89
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 46 0.61 10.57 2.17 79.93
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 32 1.06 8.31 0.00 66.19
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 31 1.77 2.55 0.00 68.81
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 29 0.79 6.10 0.00 66.00
内視鏡的消化管止血術が最も多く、胃潰瘍や十二指腸潰瘍からの出血に対し内視鏡下で出血部位を確認し止血処置を行います。内視鏡的胆道ステント留置術は、胆管結石や膵臓癌・胆管癌などで胆管閉塞による黄疸、胆管炎をきたした場合に、内視鏡的に胆道にチューブ(ステント)を挿入し閉塞を解除する手術です。内視鏡的乳頭切開術は、内視鏡を十二指腸まで挿入し、胆管・膵管の出口にあたる乳頭部にEST用ナイフ(電気メス)を挿入し切開する手術です。大腸ポリープの内視鏡的ポリープ切除術は外来診療でも対応していますが、病態により入院治療を行っています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 72 3.14 4.85 0.00 69.25
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 50 0.62 6.16 0.00 67.20
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 31 1.81 6.94 0.00 70.94
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 15 4.67 9.60 0.00 78.53
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 10 0.00 11.20 0.00 74.10
虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術などのカテーテル治療の症例が多くなっています。狭くなった冠動脈を血管の内側からバルーンで拡張しステントを留置する治療です。 当院では冠動脈造影検査で重度の狭窄と診断された場合、引き続いて治療(冠動脈ステント留置術)を施行しています。治療が必要な場合、診断のみの入院がないため、患者様の入院回数を減らすことに成功しています。 四肢の血管拡張術・血栓除去術は閉塞性動脈硬化症、動脈塞栓症に対して行う治療で、血管の狭窄または閉塞部をバルーンカテーテルで拡張したり、ステントを留置したりすることで四肢の血流を改善する手術です。足の潰瘍、壊死を伴う重症虚血肢の治療にも対応しております。 ペースメーカー移植術は、房室ブロックや洞不全症候群などの徐脈性不整脈に対し、体内にペースメーカーと呼ばれる機械を植え込む手術です。ペースメーカーは心臓の鼓動の途切れや一定以上の間隔を超えてしまうとそれを察知して電気刺激を心臓に送り心臓が正常なリズムで鼓動することをサポートする機械です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 84 2.88 5.12 1.19 60.74
K6335 鼠径ヘルニア手術 71 0.20 2.27 0.00 71.14
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 47 0.70 3.72 0.00 35.57
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 37 3.57 11.73 2.70 69.89
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 24 5.33 16.38 0.00 73.25
最も多い症例は腹腔鏡下胆嚢摘出術で、胆嚢疾患のなかで最も多い胆石症に対して行っています。急性胆のう炎では消化器科にて経皮経肝的胆嚢ドレナージ(PTGBD)後、引き続き外科にて腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。 鼠径ヘルニア手術はメッシュにてヘルニアの穴を覆うことで鼠径部を補強し治療する手術です。 虫垂炎の症例は基本的に全身麻酔による腹腔鏡下虫垂切除術を行っています。 次に結腸の悪性腫瘍に対する腹腔鏡下切除術、開腹での切除術となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 81 2.11 17.02 62.96 79.25
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 52 0.96 5.12 0.00 28.08
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 50 2.32 18.28 78.00 81.74
K0731 関節内骨折観血的手術(肩,股,膝,肘) 29 1.97 15.55 58.62 71.66
K080-52 関節鏡下肩関節唇形成術(腱板断裂を伴わない) 27 0.78 4.04 0.00 29.67
大腿骨骨折に対する手術症例が多くなっています。高齢者が多くADL(日常生活動作)の改善には長期のリハビリテーションが必要なため、連携パスを用いて連携先の医療機関にてリハビリテーション治療を継続して行っています。転院率が高いのはそのためです。 関節鏡下靱帯断裂形成術は前十字靱帯損傷・前十字靱帯断裂の症例に対して行った手術です。関節鏡下肩関節唇形成術は、肩関節唇損傷、肩関節脱臼の症例に対して行った手術です。関節鏡下で手術を行うことで傷も小さく、筋肉などの組織を痛めることが少ないため比較的早期からリハビリを行うことができます。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 28 0.71 20.54 7.14 80.86
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術が最も多い手術です。頭部に小さな穿頭を行い硬膜下に溜まった血腫を吸引し洗浄する手術です。 次に正常圧水頭症に対するシャント手術となっています。当院では腰椎腹腔シャント術が大部分です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 191 0.01 1.64 0.00 75.50
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 15 1.13 10.20 0.00 68.87
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 12 0.00 1.17 0.00 70.00
K2423 斜視手術(前転法と後転法) - - - - -
K2424 斜視手術(斜筋手術) - - - - -
最も多い手術は白内障の手術で、原則入院にて行っています。 硝子体茎顕微鏡下離断術は、網膜前膜、増殖性硝子体網膜症、糖尿病性網膜症などに対して行う手術です。眼瞼下垂症手術は、老化をはじめ様々な原因でまぶたが下がった状態により、上方の視野が狭く感じられたり、日常生活に不自由を感じる場合に行う手術です。斜視手術は術式により細分化されているため、実際の症例数とは異なります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K865-2 腹腔鏡下仙骨腟固定術 210 1.78 5.12 0.00 68.17
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 143 1.23 5.21 0.70 75.29
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 107 2.42 3.35 0.93 61.59
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 78 0.00 0.08 0.00 49.22
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 69 1.07 10.54 0.00 72.14
腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC)は、全身麻酔下で膣壁の裏側にポリプロピレンメッシュのシートを挿入し、このシートに連続した幅2.5cmのテープを仙骨前面に固定し下垂を矯正する腹腔鏡下手術で、現在1ヶ月に15~20件行っています。 膀胱悪性腫瘍手術は、早期の膀胱癌に対し経尿道的に内視鏡で切除する手術です。経尿道的尿路結石除去術(レーザー)は体外衝撃波(ESWL)で砕石できない硬い結石や多数回のESWL治療が必要と予想される大きな硬い結石に対しておこなう内視鏡による手術、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(ESWL)は体外から衝撃波を結石に当てることで結石を砂状に細かく砕く治療です。 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術は手術支援ロボット ダヴィンチXi による前立腺癌の前立腺全摘出術です。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 11 0.91 1.18 0.00 39.45
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 10 0.00 2.90 0.00 43.30
K877 子宮全摘術 - - - - -
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) - - - - -
最も多い手術は子宮頸部(腟部)切除術で、子宮頚部異形成に対して行う手術です。 血栓塞栓術は子宮筋腫に対し行う子宮動脈塞栓術で、足の付け根、肘、あるいは手首の動脈から細い管(カテーテル)を挿入し、先端を筋腫を栄養している子宮動脈の入り口まで送り、このカテーテルから子宮動脈を閉塞させるような物質を流し込み、両側の子宮動脈から子宮筋腫に血液が流れるのを途絶させる方法です。筋腫に栄養が行かなくなるので、筋腫の縮小、月経時の症状が改善することが期待されます。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 20 9.90 25.35 0.00 74.90
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
血液内科では非ホジキンリンパ腫に対し化学療法(抗癌剤治療)を行うための植込型カテーテル設置術が最も多くなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 55 0.63
異なる 32 0.37
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 19 0.22
異なる - -
医療の質向上のため、臨床上ゼロにすることはできないものの少しでも改善すべき項目として、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置の合併症について、入院契機病名の同一性の有無で区分して発生率を公表しております。
更新履歴
2018/9/28
公開しました