看護部

看護部長あいさつ

副院長・看護部長 太田 真美

副院長・看護部長 太田 真美

超高齢社会を迎えた今、治すことを主眼とした医療から、その人らしく生きることを支える医療への転換が求められています。
ナイチンゲールの時代から、病気や治療を理解し、生活環境を整えることを仕事の本質としてきた看護職は、今こそ、その専門性を発揮することが求められています。
私たち名鉄病院看護部は、理念である「患者さんの権利と看護倫理を守り、満足していただける看護の提供」に基づき、お一人お一人の思いに寄り添い、その方の生き方や暮らしをふまえた、安心安全で心あたたまる看護の実践に努めたいと思います。

救急、各科外来と各センター、急性期病棟、地域包括ケア病棟、放射線や内視鏡の検査や治療、手術室など、各部署において、それぞれが看護の専門性を発揮するとともに、シームレスに医療・看護をつなぐことができるようにしていきたいと思います。
また、患者さんに身近な職種であることを活かして、チーム医療のキーパーソンとなり、患者さんの代弁者や権利の擁護者となることを目指したいと思います。

そのために、一人一人が専門職として主体性に成長できるキャリア開発システムの充実をはかるとともに、ワークライフバランスの充実にも継続して取り組みたいと思います。

地域の皆様から「名鉄病院があるから安心できる」と言って頂くことができるよう、病院の最大部門である看護部が一丸となって、看護サービスの質の向上に取り組みたいと思います。

私たちはこれらを実行します。

  • 社会の情報を敏感にキャッチし、動向を分析し取り入れて行きます。
  • 患者満足度、職員満足度、医療・看護の質向上のため、努力します。
  • 看護職員が長く働きたいと思う職場環境つくりに取り組みます。

看護部理念

看護部は患者さんの権利と看護倫理を守り、満足していただける看護をいたします。

看護部基本方針

  1. 私たちは、患者さんを尊重して心のこもった看護をします。
  2. 私たちは、患者さんに納得していただける看護をめざします。
  3. 私たちは、患者さんに安全な医療の提供をめざします。
  4. 私たちは、地域の患者さんに対応できる看護をめざします。

平成29年5月

看護体制

小児科病棟ナースステーション

小児科病棟ナースステーション

看護方式
PNS
(パートナーシップ・ナーシング・システム)
一般病棟入院基本料
看護配置数7:1
地域包括ケア病棟13:1

勤務体制

勤務体制
週休2日制(日勤者)
1ヵ月10休制(2交代勤務者)
休日・休暇
週休2日制度または1ヵ月10休制のほか、年次有給休暇・誕生日休暇・育児休業・子の看護のための休暇・介護休暇・ボランティア休業・慶弔等あり

ワークライフバランス

正職員短時間勤務制度や年次休暇の時間単位取得などワークライフバランスに配慮し、働きやすい環境作りのための制度が導入されています。

院内保育所「げんきっずハウス」
ベテランの保育士にお子さんを預け、安心して仕事に打ち込むことができます。

病棟

病棟・手術室
  病棟 主科
1号館 1-4病棟 HCU
1-5A病棟 外科、眼科、血液内科
1-5B病棟 消化器内科
1-6病棟 脳神経内科、内分泌・代謝内科
2号館 中央手術部  
2-4病棟 地域包括ケア
2-5病棟 混合科(全室個室)
3号館 3-2病棟 整形外科、耳鼻科、皮膚科、脳外科
3-3病棟 循環器内科、呼吸器内科
3-4病棟 小児科
3-5病棟 泌尿器科、婦人科

外来

外来診療科20科
外来全体をチームで編成し、チーム毎に必要に応じ応援体制をとるなど、待ち時間の減少を始めとした患者満足度の向上を目指しています。

実習生の受け入れ

名鉄看護専門学校、名古屋市医師会看護専門学校、名古屋市立中央看護専門学校
※看護学生も看護する同じ仲間としての意識をもち指導にあたっています。

教育プログラム

あなたにはどんな可能性が?
一人ひとりの可能性を最大限に引き出していきたい

看護部における教育理念は、一人ひとりの能力を最大限に引き出せるよう、ともに学びともに成長することです。新人看護職員研修プログラムをはじめとした多彩な教育プログラムが用意されています。

人材育成サポートシステム

キャリア開発概念図

新人教育プログラム

新人教育では、安全で確かな看護が実践できるための基礎作りを行います。
看護技術トレーニングルームが整備されており、医療機器や各種演習用モデルを使用しシミュレーション研修を行うことで安全な看護を提供できる体制を整えています。
また、当院では平成26年度よりPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を取り入れています。新人看護職員は先輩パートナーに、フレッシュパートナーとして参加し看護業務を行っていきます。

研修プログラム(一部抜粋)

4月 新人入社時研修
5月
  • 看護記録研修
  • 看護技術研修(喀痰吸引)
6月
  • 看護技術研修(TPN、尿道留置カテーテル管理)
  • 転倒・転落予防策
7月
  • ME機器研修
  • メンタルヘルス研修
8月
  • 医療器具関連感染防止
  • 輸血療法
9月
  • 人工呼吸器
  • 緩和ケア研修
10月
  • 冬の感染症対策
  • 褥瘡処置と危険因子の評価
12月 看護倫理研修
2月
  • 化学療法
  • 静脈留置針研修
3月 フォローアップ研修

研修風景

摂食・嚥下機能評価研修会
摂食・嚥下機能評価研修会

BLS研修会
BLS研修会

感染防止研修会
感染防止研修会

PNSマインド研修
PNSマインド研修

認定看護師・専門看護師による教育支援

当院には以下の認定看護師 11名と認定看護管理者 3名、専門看護師 1名、診療看護師 1名がいます。教育プログラムにおいても講義や演習に活躍しています。

  1. がん性疼痛看護認定看護師 1名
  2. がん看護専門看護師 1名
  3. 摂食嚥下認定看護師 2名
  4. 感染管理認定看護師 2名
  5. 認知症看護認定看護師 1名
  6. 皮膚排泄ケア認定看護師 2名
  7. 救急看護認定看護師 1名
  8. がん化学療法看護認定看護師 1名
  9. 手術看護認定看護師 1名

認定看護師・専門看護師紹介

がん看護専門看護師 氏名 二村舞子

~メッセージ~

診断を受けてから患者さんとそのご家族は、どの治療を受けていくのがよいのか、治療を受けながらどのように生活をしていったらよいのか、痛みや苦しみなく過ごすためにはどうしたらよいか・・・・様々な心配事や不安が生じます。がん看護専門看護師はこれらの課題に直面して悩んでいる患者さんとそのご家族をサポートします。
また、患者さんやご家族に対して直接ケアを行いますが、看護師からの相談に応じたり今後のケア方針を考え・決定するためのチームカンファレンスを推進するなど看護師のサポートも行います。患者さん一人一人の生活や生き方を大切に、安心して治療や入院生活、自宅での生活を送ることが出来るように、お手伝いさせていただきます。
平成26年5月に開設したがん看護外来では、がんと診断された患者さんやご家族の、療養上の心配ごとや不安に対して一緒に考え、解決していきます。

今後も医師、看護師など医療スタッフと連携して患者さん、ご家族のためになるように努力していきたいと思います。

[主な活動内容]
病棟で
  • 「痛みについて」「治療と仕事の両立をどうするか」「病気になったことで家族と疎遠になってしまった」などの患者さんが抱えている相談を、看護師を通じて受けています。又、「辛そうだけどどうしたらいいか」など看護師からの相談も受けています。
  • 1年間で最も印象に残った患者さんについて看護師1人につき1回はケースレポートをまとめ、看護の質の向上に貢献できるようレポートの指導なども行っています。
外来で
がん看護外来:通院中のがん患者さんの身体的・精神的・社会的サポートを行い、それを通じて治療の継続・完遂をサポートさせていただいています。

カンファレンス風景(1回/週)

皮膚排泄ケア認定看護師  氏名 市川美代子

~メッセージ~

皮膚排泄ケア認定看護師(WoundOstomyContinenceNurses:WOCナース)といわれています。スキンケアを基盤としながら、ストーマ(人工肛門)ケア 排泄ケア、創傷治癒の理論を用いて効果的に創傷の治癒を促すケアを行う看護師のことを言います。
突然に手術でストーマを造設された患者様、がんの治療の一環としてストーマを造設された患者様、手術の創傷やその他の創傷(褥瘡・潰瘍・外傷など)の局所のケアと心のケアを行い、安心した日常生活を送っていただくためのお手伝いをさせていただきます。
対象患者様は身体に創傷がある、もしくは排泄(尿漏れ・便漏れ)で悩んでいる、人工肛門のケアで悩んでいるすべての入院患者様で、病院内を横断的に活動しています。

[主な活動内容]
病棟で
ストーマを造設する患者様への早期介入、術前術後のケア、を行っています。その中で問題が生じた際にはチームや他職種間の調整を行い、必要時には 院内スタッフ対象の教育、地域のストーマケアに携わる医療従事者への教育などを行い、安心した日常生活を過ごしていただくためにお手伝いさせていただきます。
創傷ケアとしては、褥瘡が発生しないような予防対策と、万が一発生した場合には、患者様に早期に介入し、皮膚科医師と連携しながら効果的に治癒に導けるようにチームスタッフとともに検討します。下肢の潰瘍に関しては、血流評価を行うとともに、必要時には循環器や整形外科など必要診療科への調整を図ります。
失禁ケアでは、失禁に関したアセスメントの向上を目標にCST(Continence Support Team)を立ち上げ、リンクナースとともに失禁の原因と対策を検討しています。失禁ケア患者の皮膚トラブルに対する早期介入や予防に努めています。
外来で
主に、ストーマ外来・フットケア外来を担当しています。
実際に社会復帰されたあとに生じた問題、晩期的に生じる合併症などの予防と対策を講じています。
フットケア外来では、糖尿病性神経障害、血流障害、足病変の患者様対象に下肢救済のために予防的なケアを実施しています。

感染管理認定看護師 氏名 齋場三季 大西紀子

~メッセージ~

感染管理とは、保健医療施設で患者様や医療従事者の感染予防に努め、感染予防管理に必要な専門知識と技術を活かし、保険医療施設で感染管理を主体に実践することです。
平成24年12月より患者様やご家族、医療従事者など病院に関わるすべての人々を医療関連感染から守るために、効果的な予防および管理を実践することを目的として、感染制御対策室が設置されました。
感染対策の活動を推進するにあたっては、決して一人では効果的な対策は実践できません。ICTメンバーへの、報告・連絡・相談を怠らず、ICTメンバーやリンクナースと連携し、一人でも多くの協力者と実践者を増やしていくことが重要です。活動を通じ、当院に関わる全ての患者さまの療養環境および医療従事者の職場環境を安全に提供できることを目指し活動しています。

[主な活動内容]
  • ICTラウンド
  • 感染リンクナース共同環境ラウンド
  • 院内感染防止対策マニュアル作成と見直し
  • 院内感染サーベイランス
    (血管内留置カテーテル関連感染、尿導留置カテーテル関連感染、誤穿刺・切創・粘膜汚染事例 等)
  • 職業感染防止(ワクチン接種、各感染症接触後フォロー 等)
  • 感染対策教育
  • 感染防止技術に基づきケア改善
  • 感染防止対策地域連携  等

研修風景
N95マスクフィットテスト装着説明

認知症看護認定看護師 氏名 稲垣 陵子

~メッセージ~

認知症のある患者さまは、入院するという環境の変化に対して上手く適応することが困難な場合があります。身体合併症があっても、穏やかに入院治療を受け、回復できることが必要です。認知症のある患者さまが安心・安全に入院生活を過ごすことができるよう、患者さまとご家族をよく知り、その方に合わせた環境を整え、思いに寄り添うことが大切です。
認知症がある患者さまは、何も分からない訳ではありません。感情や自尊心は保たれています。認知症のケアは、尊厳を支えることが重要です。認知症のケアの良し悪しは、認知症の患者さまの心身に影響を与えます。認知症のある患者さまに対して、その方に合わせたコミュニケーション方法やその方のペースに合わせたケアを笑顔で行い、心地よい感情を抱いていただけるよう支援していきたいと考えます。また、その人らしさを引き出し、入院前のADLを維持し退院後の生活も見据えたケアを提案していきたいと思います。
介護されているご家族の不安や悩みを少しでも軽減できるように支援することも重要と考えます。ご家族が介護負担感を軽減し、介護が継続できるように地域との連携も密に行っていきます。認知症のある患者さまの笑顔や感謝の言葉を糧に、認知症看護に努めていきます。

[主な活動内容]
病棟で
認知症患者さまへの環境整備や看護ケア方法を提案し、統一したケアが行えるように情報を共有しています。認知症看護認定看護師として、認知症の中核病棟で勤務することで役割モデルとして看護ケアを示しています。
病院全体の認知症に対する対応向上を目指し、認知症の勉強会も第2,3水曜日に開催しています。また、アクティビティやアロマセラピーなども活用し非薬物療法を積極的に行っています。
平成27年1月からは、院内デイケアを開催予定です。認知症サポートチームの一員として活動しており、月に1回事例検討会を開催し、認知症ケアについて知識を共有することで病院全体の認知症ケア向上に努めています。毎週木曜日には、認知症ラウンドを行い対応困難事例について多職種でカンファレンスを行い、患者さまへより良い治療や看護ケアを行えるように提案しています。

認知症ラウンドでのカンファレンス風景

平成30年4月

〒451-8511 名古屋市西区栄生2-26-11 TEL:052-551-6121

Copyright(c) MEITETSU HOSPITAL All Rights Reserved.