耳鼻咽喉科

はじめに

外来診察は月曜日から金曜日の午前中(受付は11時まで)です。
当科では睡眠時無呼吸症候群の診断・治療に力を入れており、睡眠時無呼吸症候群などに対する入院での検査を行っております。
検査は夕方に入院し、翌朝に退院となりますので、日常生活にあまり支障をきたすことなく受けられます。結果は後日外来で説明させていただきますが、睡眠時無呼吸症候群と診断され治療が必要な場合は、個々の原因と考えられる所見や既往疾患の有無などを考慮して経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP療法)や鼻・咽頭の手術加療などの治療法を選択しています。
社会的にも問題になっている睡眠呼吸障害は幼小児も突然死・発育障害、成人・高齢者の高血圧、小児・成人の心肺機能の障害等、全身的に多くの問題を引き起こす原因となるとも考えられ、日中傾眠は学業・仕事・車の運転等にも支障をきたします。
睡眠呼吸障害などに関するお悩み等ございましたら、お気軽に御相談下さい。 もちろん、その他の耳鼻咽喉科領域全般の耳・鼻・喉に関わる炎症性の病気および機能障害についての診断・治療も行っています。
主な耳の疾患には急性・慢性中耳炎、滲出性中耳炎および各種難聴など、主な鼻の疾患には花粉症などのアレルギー性鼻炎、急性・慢性副鼻腔炎など、主な喉の疾患には急性・慢性咽喉頭炎、急性・慢性扁桃炎などがあります。
急性期の難聴や顔面神経麻痺に対しての通院治療を行っています。状態によっては休診日の土曜日・日曜日にも必要に応じて救急外来にて点滴加療を行っています。
慢性副鼻腔炎や鼻茸などに対して内服治療などで改善しない方や、増加している花粉症などのアレルギー性鼻炎の方で内服薬や点鼻薬での治療では効果が不十分な方で手術が必要な場合には、病院の紹介をさせていただいています。
急性咽喉頭炎、急性扁桃炎などに対し、炎症が重症化して喉の痛みのために食事が摂取できない、高熱が続く、話がしにくい、息苦しい、声が嗄れるなどといった症状がある方には必要に応じて、外来での点滴治療を行っています。この場合の外来での点滴治療も休診日の土曜日・日曜日には必要に応じて救急外来にて点滴治療を行っています。
なお、耳の疾患で入院での手術が必要な方や、腫瘤などの腫瘍性病変などの方には対応できませんので、対応可能な病院へ紹介させていただいています。

平成28年9月

〒451-8511 名古屋市西区栄生2-26-11 TEL:052-551-6121

Copyright(c) MEITETSU HOSPITAL All Rights Reserved.