部門・センター

透析センター

概要・特色

ごあいさつ

名鉄病院透析センター長に就任しました森弘卓延です。名鉄病院では令和元年8月より透析センターがオープンとなり、日機装社製の最新透析装置を導入しました。患者さんには苦痛を少なく、安全で、安心して透析治療を受けていただけるように、また治療の質を向上させていくように、スタッフ一同で努力を続けていきたいと思います。

センター紹介(スタッフ)

当院では、専門医、看護師、臨床工学技士等のスタッフが、血液透析以外に、血液吸着、血漿交換などの血液浄化や腹水濃縮も行っています。
看護師3名
臨床工学技士6名(兼任)

特徴

病気やケガなどで、やむを得ず入院が必要な方も、入院治療を受けながら、安心して透析治療を受けていただけます。
透析を行っていくにあたり透析を行う血管(シャント)を手術で作る必要があります。
当院では、PTA(経費的血管形成術)、修復術など、多岐にわたって対応が可能となっています。

設備

治療機器紹介

透析関連機器

患者監視装置:DCS-200Si*10台
多人数用透析液供給装置:DAB-NX
透析用剤溶解装置:DAB-50NX
水処理装置:NF-RE system

その他機器

除細動器:TEC-5621
ベッドサイドモニタ
送信機