診療科

麻酔科

概要・特色

麻酔科の主な役割は、手術中・手術後の痛みなどのストレスから患者さんを守ることです。
麻酔科は直接患者さんと接する時間は多くありません。しかし、手術前には、患者さんと直接面談を行い、患者さんの身体の状態を把握し、不安の軽減に努めております。術中は、全身麻酔の下、患者さんの生命を全力で守っています。術後の痛みに関しても、患者さんの訴えに耳を傾け最善の方法で鎮痛を行っております。
当院では、麻酔専門医の資格を取得した麻酔の専門家と診療看護師により、麻酔管理を実施しており、質の高い医療を提供しています。
尚、当院は日本麻酔科学会の定める麻酔科認定病院となっております。

主な対象疾患

外科的手術を必要とする疾患を有し、各診療科から麻酔科依頼のある患者さんが対象となります。

診療内容

各外科系診療科(外科・脳神経外科・整形外科・泌尿器科・婦人科・眼科・耳鼻咽喉科)より依頼された手術患者さんの術中麻酔管理を行います。
術前に診療記録、問診等により患者さんの状態を把握・評価し、各患者さんに最適の麻酔方法を選択します。全身麻酔を主体とした手術中の全身管理を行います。また、末梢神経ブロックや持続静脈鎮痛法を併用することにより、術後の疼痛を軽減します。
術後回診にて全身状態・疼痛の程度を把握します。

診療実績

年間延べ手術件数麻酔科管理手術件数
2016年2,305件1,017件
2017年2,701件1,269件
2018年2,814件1,255件

担当医紹介

役 職
麻酔科部長 兼 中央手術部長
氏 名
明石 学
役 職
部長
氏 名
神立 延久