関節鏡・スポーツ整形外科センター

五十肩と言われたが、なかなか痛みが取れない。 肩の脱臼癖がある。
膝を捻(ひね)ってから引っかかる。
野球で肩、肘を痛めた。
などなど・・・。

肩、肘、膝の痛みでお悩みの方へ

対象疾患

肩(かた)

肩の運動障害、運動痛、夜間痛など。肩の動きが固くなることは少ないです。
いわゆる脱臼癖です。脱臼の回数を増すごとに軽微な外力で起こるようになり、スポーツ活動ばかりでなく、寝返りでも起こることがあります。
肩関節唇損傷(かたかんせつしんそんしょう)
つかえるような、引っかかるような感覚がおきます。
肩関節拘縮(かたかんせつこうしゅく)[いわゆる五十肩(ごじゅうかた)]
初期には痛みが強く夜間痛も出現します。次第に関節の動きが悪くなります。(運動制限)

肘(ひじ)

変形性肘関節症(へんけいせいひじかんせつしょう)
肘を動かすと痛みが強くなり、安静にすると痛みは軽減します。
可動域制限がおこり肘の屈伸の動きが主に制限され、手が口に届かないなどの日常生活動作に支障が出ることがあります。
ロッキングがおこると、急に屈伸とともにある角度で肘が動かない固まった状態になり、少しでも動かそうとすると激痛を生じます。
内側型では投球時の肘痛、小指側のしびれ感などの出現。
外側型では肘外側の疼痛に加え、ロッキングをおこすことがあります。
後方型ではフォロースルーでの肘後方の痛み、ロッキングをおこすこともあります。

膝(ひざ)

膝前十字靭帯断裂(ひざぜんじゅうじじんたいだんれつ)
スポーツ中などに、膝がガクッとなったり、ずれた感じが起こり、受傷時に断裂音(ポップ音)が聞かれたりする場合があります。痛みのピークは短く不安定感が主な症状です。
膝半月板損傷(ひざはんげつばんそんしょう)
膝の屈伸の際に痛みやひっかかりを感じたりします。ひどい場合には、膝に水がたまったり、急に動かなくなったり、歩けなくなるほど痛くなる場合があります。
初期変形性膝関節症(しょきへんけいせいひざかんせつしょう)
動作開始時に痛みを感じることが多く、特に階段の昇降時の痛みが特徴です。伸びない、曲がらない、ぐらぐらする、O脚になってきたなどです。

その他

足関節骨軟骨損傷(そくかんせつこつなんこつそんしょう)
関節軟骨を含む骨軟骨の一部が剥がれ落ちてしまうものです。運動時の軽い痛みから、歩けないほどの痛みまで様々です。捻挫の後遺症としておこる場合もあります。

お知らせ

診察日時

関節鏡・スポーツ整形外科センターは完全予約制です。

診療日 時間 医師
火曜日 9:00~11:30 土屋篤志
整形外科外来D22診察室にて
受診希望の患者様は、当院の関節鏡・スポーツ整形外科センターへご連絡ください。
名鉄病院(関節鏡・スポーツ整形外科センターまたは整形外科) 052-551-6121
ご紹介を希望される患者様は、かかりつけ医様より当院地域医療連携室を通じてご予約ください。

ごあいさつ

センター長の土屋篤志です。関節鏡の礎を築いたのは、我が国日本です。現在では、関節疾患を治療するうえで最も有効な手段として世界中で認知されています。

2009年に当院へ赴任して以来、関節鏡手術を200件以上行ってまいりました。特に肩関節・肘関節に対する関節鏡手術を沢山行わせていただいております。低侵襲(ていしんしゅう)な手術をめざし、全国トップレベルの先生方との手術手技の研修に参加し、最新の手術方法にも対応できるよう日々研鑽を積んでおります。ただ、実際には関節疾患の患者様全員に手術が必要となる訳ではありません。関節疾患は保存療法が基本であり、必要な場合にのみ関節鏡手術を行っております。

関節疾患の診断は一般的にMRI、CTが中心となっていますが、当院では超音波診断装置を診察室に常時設置し、リアルタイムで患者様と一緒に超音波画像を見ながら診断を行っています。また、関節注射の際にも、超音波診断装置を用い注射針を誘導し、ピンポイントに患部に注射が出来るよう工夫をしております。

役職 / 氏名 センター長(整形外科付部長兼務)土屋 篤志
資格 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会スポーツ認定医
日本整形外科学会リウマチ認定医
医学博士

関節鏡手術とは

数mm~1cm程度の皮膚切開から、内視鏡を関節内に挿入し、 専用の細い器具を挿入し行う手術方式です。内視鏡は直径2~4mm。関節内の患部をモニターで拡大するため、小さな病変でも正確に捉え、治療が行えます。
手術創が小さく、筋肉などの組織を痛めることが少ないため、比較的早期からリハビリがおこなえます。近年、関節鏡用器具の発達に伴い、様々な病気、怪我に対して関節鏡手術が行えるようになっております。

メンバー紹介

  • 医師1名 アドバイザー5名
  • 理学療法士2名
  • 診療放射線技師1名
  • 臨床工学技士1名
  • 臨床検査技師1名
  • 手術室担当看護師1名
  • 外来担当看護師2名 アドバイザー1名
  • 病棟担当看護師2名 アドバイザー1名
  • 担当医療事務1名
アドバイザー医師
当院整形外科 大藪直子部長
名古屋スポーツクリニック 杉本勝正院長
名古屋市立大学整形外科 小林正明教授
名古屋市立大学整形外科 後藤英之講師
名古屋市立大学整形外科 野崎正浩助教
顧問
名古屋市立大学 松井宣夫名誉教授

上記医師と連携し、治療にあたっています。

〒451-8511 名古屋市西区栄生2-26-11 TEL:052-551-6121

Copyright(c) MEITETSU HOSPITAL All Rights Reserved.