ME管理室

臨床工学技士とは

「厚生労働大臣の免許(国家資格)を受けて、臨床工学技士の名称を用いて、医師の指示の元に生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業とする者」とされています。

当院の概要

当院では平成17年に臨床工学技士が初採用となり、19年にME管理室が誕生と日は浅いですが、現在3名の臨床工学技士が在籍し医療機器の保守点検等の機器管理業務や血液浄化や人工呼吸器等の臨床業務にチーム医慮の一員として参加しています。患者さまへ常に安全な医療技術と医療機器を提供することを心掛けています。

保有資格

  • 透析技術認定士
  • 呼吸療法認定士
  • 医療情報コミュニケータ 等

主な業務内容

透析室業務

当院では現在透析室はありませんが、HCU病棟にて緊急透析や新規導入透析、他院からの入院患者の透析を主として実施しています。主な透析業務としては透析回路のプライミング、患者監視装置の日常点検と保守定期点検、患者への穿刺・抜針、透析中の患者モニタリング、定期的な透析液の水質検査等実施しています。医師や看護師と連携し、安全な透析医療を提供することを目標に日々業務に取り組んでいます。

特殊血液浄化業務

特殊血液浄化領域としてはエンドトキシン吸着、血漿交換、血漿吸着、DEPP、LDL-A、腹水濾過濃縮、白血球除去療法、CHDF等に従事しています。回路の準備・セッティングから治療終了まで安全・安心確保のため、他スタッフとコミュニケーションを取りながら実施しています。

人工呼吸器関連業務

当院は急性期病院ではありますが、慢性的・長期的に人工呼吸器を装着される患者さまもいらっしゃいます。そのような患者さまへの作動状態を含めた使用中点検を毎日行い、安全の確保に努めています。また使用中点検だけでなく、使用前・使用後点検は勿論、呼吸回路の組立て、回路交換、看護スタッフへの定期的な勉強会も行っています。25年3月末現在、ベネット840、ベネット740、ベネット7200、ハミルトンC2、ハミルトンC1、BiPAP Visionの6機種計14台で運用しています。

ペースメーカー関連業務

ペースメーカー外来でのフォローアップ、プログラマの操作や植込み時・入れ替え時の対応を行っています。また主治医からの指示により入院患者さまの設定変更や術後1週間後の定期チェック等も行っています。

補助循環業務

血管撮影室にて緊急にIABPを導入する際の介助や機器操作、病棟への搬送を行っています。他の機器と同様使用中点検や日常点検、定期点検を行っています。

手術室関連業務

手術室で使用する麻酔器やモニター、シリンジポンプ等の各機器の使用前点検や機器不具合時の対応等を行っています。

院内巡回業務

毎日全病棟と一部の外来を対象に、医療機器を安全に使用しているかどうかの巡回点検を実施しています。

医療ガス関連業務

専用の酸素圧力計、吸引圧力計を用い週1回院内全ての医療ガスアウトレット(300箇所以上)の点検を行っています。

ME機器管理業務

1000台以上ある院内の医療機器の内、ME管理室にて管理している機器を中心に保守点検計画書を策定し、それに従い専用チェッカーを用いて点検を実施しています。輸液ポンプやシリンジポンプ、人工呼吸器、離床センサー、低圧持続吸引器といった汎用ME機器については中央管理し、常に安心して使用してもらう様ME管理室にて使用後点検・使用前点検を実施した上で各部署からの貸出依頼に対応しています。また各スタッフが専用のPHSを所持し、各部署からのトラブルや依頼に迅速に対応できるような体制をとっています。

院内教育業務

臨床の現場で医療機器適正使用の周知徹底のため、多くの勉強会を企画・開催しています。看護師を対象とした勉強会が主ですが、時には全職員を対象とした勉強会も行っています。内容としては機器の取扱方法(人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、除細動器、AED 等)、呼吸生理について、モニターアラームの注意点、ME機器の基礎 等様々です。

※その他にも臨床業務としてラジオ波焼灼術、自己血回収業務、末梢血幹細胞採取業務などに従事しています。

平成25年4月

〒451-8511 名古屋市西区栄生2-26-11 TEL:052-551-6121

Copyright(c) MEITETSU HOSPITAL All Rights Reserved.