脳神経外科

はじめに

名鉄病院は昭和31年に開院し、脳神経外科は昭和40年に開設されました。
現在、名古屋市西区で唯一の急性期病院(2次救急病院)である名鉄病院の診療科のひとつとして、名古屋市北西部から西名古屋地域一帯の医療に貢献しています。
時間内診療は、平日と第1土曜日に 日本脳神経外科学会専門医・指導医 の医師が担当しています。夜間・休日の時間外診療では待機医制を取っていて、当直医からの連絡により必要な診察・治療を行っています。
脳神経外科で行なう主な検査は、MRI、CTスキャン、脳血管撮影、脳波、脳血流検査などです。
当科の主な設備には、ナビゲーションシステム(手術中に頭蓋内の位置を確認する装置で、脳腫瘍や脳出血の位置を的確に知ることができ、安全、確実に手術が行える)、手術用顕微鏡、3次元血管撮影装置、超音波メス、レーザーメス、各種術中モニターなど、最先端機器が導入されています。
また、当院の健診センターの脳ドックを、放射線科専門医・脳神経内科専門医・人間ドック専門医とともに行っています。 脳ドックは、当院の健診センターにご相談ください。

施設認定の状況
日本脳神経外科学会専門医訓練施設
日本脳卒中学会認定研修教育病院
日本脳ドック学会認定施設

こんなときは受診してください。

  • 今まで経験したことのない激しい頭痛が起きた場合、しかも嘔吐を伴うようなときはとくに、くも膜下出血の可能性があります。
  • 急に物が二重に見えるようになったら、未破裂脳動脈瘤かもしれません。
    (両目で見たとき)
  • 急に手足の麻痺がでて、顔面の麻痺も伴うようなときは、脳出血や脳梗塞の可能性があります。
  • 手足の運動障害が数日間から数週間で次第に悪化するようなときには、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫などのことがあります。
  • いつの間にか歩き方が不安定になり、認知症のような状態や、尿を漏らすようになったら、水頭症(正常圧水頭症)の可能性があります。

以上のようなときは、脳神経外科を受診してください。

平成28年6月

〒451-8511 名古屋市西区栄生2-26-11 TEL:052-551-6121

Copyright(c) MEITETSU HOSPITAL All Rights Reserved.