栄養サポート室

名鉄病院 栄養サポート室の取り組み

“栄養管理はすべての医療の基本”をモットーに入院患者の栄養状態を把握し、病状等により食欲の低下している患者への個別対応に力を入れています。食事が食べられない方には『ハーフ食』という通常の半分量の食事で提供できるようにしています。また、ハーフ食を含め、食事量が足りないと思われる場合は、不足するカロリーやたんぱく質・ビタミンなどの栄養素を補うために、効率よく補える栄養剤を併せて提供しています。

メンバー紹介

医師
岡本 秀樹【室長】
管理栄養士
7人
栄養士
1人
給食委託業者
管理栄養士:1人
栄養士:4人
調理師:2人
調理スタッフ:23人

個別栄養相談

  • 月曜日~金曜日
  • 9:00~、9:45~、10:30~、11:15~、13:00~、13:45~、14:30~、15:15~
  • 予約制

医師の『栄養相談依頼書』が必要となりますので主治医にご確認ください。
入院患者さんは管理栄養士がお部屋に伺います。
外来患者さんは1号館2階の栄養相談室にて行います。

対象者
肝臓病、腎臓病、糖尿病、胃潰瘍、脂質異常症、痛風、嚥下食、アレルギー、がん、低栄養など
希望の方は主治医やスタッフにご相談下さい。

糖尿病教室

開催日時
毎月第2(木)基本編・第4(木)応用編14:30~15:30
場所
名鉄病院 第4会議室
主な内容
  • 糖尿病の基本
  • 検査の話
  • 食欲の秋を乗り越えよう
  • 糖尿病と薬の話
  • 外食派必見
  • フットケア
  • おいしく食べてダイエット
  • 運動の話
  • 栄養成分を読み解こう

季節や旬な話を中心に月ごとに内容が変わります。

内分泌・代謝内科医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士・健康食品管理士・管理栄養士がそれぞれの専門的立場から、15人前後の患者さんやご家族の方々対象に行っています。

対話型の糖尿病教室
3か月に1回糖尿病教室応用編に組み込まれています。
スゴロクのような「会話のための地図」(カンバセーションマップ)を使った対話型の糖尿病教室を開催します。
糖尿病のことをみんなで語りませんか?

希望の方は主治医やスタッフにご相談下さい。

NST活動の紹介

当院では、栄養をチ-ムでサポ-トする『NST』活動を行っています。

NST(Nutrition Support Team/栄養サポートチーム)とは

医師、管理栄養士、薬剤師、看護師、検査技師、歯科衛生士等、多職種によって構成され、個々に応じた栄養管理を診療科の枠を超えて支援する医療チームのことをいいます。適切な栄養管理を行うことで原疾患の治療成績が向上、患者のQOL(生活の質)を向上させ、医療費削減に寄与すると期待されています。

当院のNST活動

週1回、カンファレンスと回診を行っています。

病棟ごとの回診日時

【1号館】1-4、1-5A、1-5B、1-6病棟
毎週火曜日 13:30より
【2号館】2-4、2-5病棟
【3号館】3-2、3-3、3-4、3-5病棟
毎週木曜日 13:30より

メンバ-紹介

回診の時は、約7名が患者様のベットサイドへお伺いします。

  • 医師1名
  • 管理栄養士2名(専従者1名、専任者1名)
  • 看護師1名(専任者)
  • 薬剤師1名(専任者)
  • 検査技師1名

★NST構成メンバ-としては、23名で取り組んでいます。

主な活動内容

カンファレンス内容
身体所見、検査データ-、食事摂取量、薬や点滴内容などの情報から栄養改善へ向け、チームで問題点を考えていきます。
回診内容
患者様のもとへ状態を伺いに行きます。食事内容を嗜好に沿って変更したり、口腔内のチェックやケアをしたり、AC・TFS(二の腕の周囲と皮下脂肪厚)の測定などを行います。大勢で元気になるよう応援もします。
主治医・患者様へご報告
栄養管理上の特徴や注意点を示し、主治医へ提案をしています。患者様へは、生活上の問題点や食事や点滴内容の変更点など、専従者が報告書を作成し、ご説明しています。

主な対象患者様の例

  • 低栄養状態
  • 体重減少が著しい
  • 褥瘡がある
  • 敗血症やMRSA感染症がある
  • 1週間以上絶食
  • 口から食べることができない
  • 今後栄養障害がくる可能性が高い など

★NST介入希望の場合は、主治医やスタッフにご相談ください。

食事について

方針

  • 患者様を第一に考えた料理の提供します。
  • 食事を通じて医療・治療に貢献します。

食事サービス

  • 毎週火・木・金曜日の朝食と昼食(一般食)に選択メニューの実施をしています。
    (朝食はご飯食とパン食で選択でき、昼食は主菜のメニューを選択できます)
  • ひな祭り・こどもの日・七夕など季節の行事にちなんだ行事食を提供しています。
  • 常食・軟食・小児食など一般食をはじめ糖尿病食・心高食などの特別食を含め、総計88種類の食事があり、病状等により食欲の低下している患者様への個人対応や、それぞれ個々の嚥下障害に合わせた食事も提供しています。

給食管理

  • 患者満足度の向上
    • アレルギー物質除去メニューの実施をしています。
      (個人嗜好の積極的な受け入れ)
  • 給食事故(食中毒など)防止のための具体的展開
    • 厨房内 整理・整頓・清潔・清掃・しつけの実施を徹底しており、衛生的でかつ安心した食事提供をしています。

配膳方法と時間

方法
中央配膳
配膳開始時間
食区分 配膳時間
朝食 8:00
昼食 12:00
夕食 18:00
下膳終了時間
食区分 配膳時間
朝食 9:00
昼食 13:00
夕食 19:00
温冷配膳車
温冷配膳車を使用しており、温かい物は温かく、冷たい物は冷たく提供しています。

平成29年 1月

〒451-8511 名古屋市西区栄生2-26-11 TEL:052-551-6121

Copyright(c) MEITETSU HOSPITAL All Rights Reserved.