脳神経内科

脳神経内科はどんな科ですか

脳神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。体を動かしたり、感じたりする事や、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときにこのような病気を疑います。
症状としてはしびれやめまい、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、かってに手足や体が動いてしまう、ものわすれ、意識障害などたくさんあります。このような症状があるときには、まず脳神経内科で全身の診察、検査の上、どこの病気であるかを見極めることが大切です。その上で骨や関節の病気がしびれや麻痺の原因なら整形外科に、手術などが必要なときは脳神経外科にご紹介します。
脳神経内科と間違われやすいのが精神科、精神神経科、神経科、心療内科などです。これらの科は精神科の仲間で、おもに気分の変化(うつ病や躁病)、精神的な問題を扱う科です。また、心療内科は精神的な問題がもとで体に異常をきたしたような病気を扱う科です。
脳神経内科はこれらの科と異なり、精神的な間題からではなく、脳や脊髄、神経、筋肉に病気かおり、体が不自由になる病気を扱います。

特徴

当院は専門医の数と診療実績に基づき、日本神経学会教育施設および、日本脳卒中学会専門医認定制度教育施設に指定されています。
5名のスタッフは全員豊富な臨床経験を持つ脳神経内科医であり、誰にかかっでも診療レベルに差はありません。また医師の転勤などで治療の継続性が損なわれることもありません。
以下の疾患の診療は全国水準以上にあると考えています。

  • 脳血管障害(脳梗塞)
  • 認知症性疾患
  • 神経感染症(髄膜炎・脳炎)
  • 免疫性神経疾患(ギランバレー症候群、多発性硬化症)
  • 筋肉疾患(多発性筋炎、重症筋無力症)
  • その他(頭痛、てんかん、内科疾患による神経障害)

神経学会総会などの全国的な学会に毎年研究発表を行い、常に最新の医学研究に努めてい ます。また、地域医療を重視した体制作りにつとめています。 西区の診療所の先生方と連携を深めるため、研究会、懇話会などを開催しています。 西区の保健婦や訪問看護師の皆さんと交流する機会を増やしています。

スタッフ

内田圭(部長)
平成12年卒、平成22年より在籍
得意な領域:自律神経疾患、パーキンソン病
宮尾眞一(部長・認知症疾患医療センター長)
昭和58年卒、平成2年より在籍
得意な領域:認知症、脳血管障害、頭痛
高野明美(部長)
昭和60年卒、平成14年より在籍
得意な領域:筋肉疾患、神経感染症(髄膜炎・脳炎)
満間典雅(部長・健診センター長兼任)
平成4年卒、平成28年より在籍
得意な領域:脳血管障害、神経変性疾患
高橋美江(医長)
平成18年卒、平成30年より在籍
得意な領域:末梢神経障害、認知症

医療機器

当院では以下の検査が可能です。
CT、CTアンギオグラフィー、MRI、MRアンギオグラフィー、
SPECT(脳血流シンチグラフィー、DATスキャン、MIBG心筋シンチ)、
脳波、筋電図、末梢神経伝導速度検査、神経超音波検査など

診療状況

外来患者数1日80~100人、入院患者数30~40人
また一般外来の他に認知症の診断、治療を目的とした特殊外来(シルバークリニック)を行っております。

〒451-8511 名古屋市西区栄生2-26-11 TEL:052-551-6121

Copyright(c) MEITETSU HOSPITAL All Rights Reserved.