リハビリテーション科

当院では、理学療法士、作業療法士および言語聴覚士によるリハビリテーションを行っています。
理学療法は関節可動域訓練・筋力増強訓練・歩行訓練などの「運動療法」に、牽引や温熱などの「物理療法」を組み合わせ、機能障害の改善・残存能力の強化・合併症の予防など心身機能向上を図ります。
作業療法は主に食事、トイレ動作など日常生活動作や、外出、家事、職業復帰など患者さんそれぞれの役割を円滑に行えるための能力向上を目指します。様々な作業が行えるように、高次脳機能障害に対する訓練、手先の細かな動きの練習をすることもあります。
言語療法は成人の脳血管障害、変性疾患に伴う失語・構音障害および摂食・嚥下障害に対する評価、訓練ならびに家族指導などを実施しています。

理学療法士
21人
作業療法士
7人
言語聴覚士
4人

当院のリハビリテーション患者さんは、

整形外科領域:
骨折・変形性疾患・外傷、またその手術前後、リウマチ疾患、スポーツ障害
脳神経外科・脳神経内科領域:
脳梗塞、脳出血などの脳血管障害を含む中枢性神経疾患、顔面神経麻痺など末梢神経・筋の障害
呼吸器領域:
肺炎・慢性閉塞性肺疾患・気管支炎

などの疾病・障害をお持ちの方が大半を占めています。

急性期病院の性格上、当院における長期にわたる入院リハビリテーションは困難ですが、地域のリハビリテーション専門病院との連携をもって患者さん家庭復帰や社会復帰を目指しています。

リハビリテーション科は関連各科(整形外科、脳神経外科、脳神経内科など)からの指示・依頼でリハビリテーションを開始いたします。リハビリテーション科として入院できるベッド、外来診療はありません。また、入院患者さんのリハビリテーションが優先されるため、他の医院・病院でリハビリテーションを行われた患者さんのリハビリテーションの受け入れは難しい状況です。

施設基準

  • 運動器リハビリテーション料( Ⅰ )認定
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料( Ⅰ )認定
  • 呼吸器器リハビリテーション料( Ⅰ )認定
  • 心大血管疾患リハビリテーション料( Ⅰ )認定
  • がん患者リハビリテーション料認定

平成28年10月

〒451-8511 名古屋市西区栄生2-26-11 TEL:052-551-6121

Copyright(c) MEITETSU HOSPITAL All Rights Reserved.