糖尿病センター

開設にあたって

日本における糖尿病人口は、予備軍も含めると5人に1人が糖尿病を疑われる状況になっています。 糖尿病の初期には自覚症状もないため軽視されやすいのですが、高血糖を放置すると全身の動脈硬化を進展させ様々な血管合併症を引き起こします。 また、最近では癌や認知症のリスクも高くなることがわかっています。 実際、糖尿病患者さんにおける平均寿命や健康寿命は健康人と比較して約10年短いといわれています。 そういったことから、糖尿病治療の目標は合併症抑制による健康寿命の確保であると「糖尿病治療ガイド」にもうたわれています。 実際の糖尿病診療においては、ただ血糖コントロールを行うだけでなく患者背景に基づいて患者さん中心のアプローチをする「オーダーメイドの糖尿病治療」が必要になります。

そこで、当院では平成25年4月1日に糖尿病センターを開設いたしました。 その目的は、医師だけでなく様々な職種からなる専門チームが診療にあたることにより相乗効果を生み、治療の個別化を実現することにあります。 患者さんの生活・社会背景を考慮し患者様との信頼関係を深めながら診療に当たり、最善の治療を最適な時期に行うことができるように常に努力していきたいと考えています。

構成メンバー

内分泌代謝内科医師、看護師、薬剤師、検査技師、管理栄養士、放射線技師、理学療法士、臨床工学技士

糖尿病療養指導士の資格をもつスタッフが多数います。
看護師 9名、薬剤師 2名、管理栄養士 3名、検査技師 4名、計17名

眼科、皮膚科、整形外科、循環器内科の医師にも協力していただいています。

糖尿病センター構成

専門外来

一般外来(内分泌・代謝内科外来)

糖尿病専門医である3人の常勤医師が糖尿病の診療にあたっています。当科の外来では、患者さんの生活背景を考慮して食事・運動療法などの日常生活指導や薬物療法を行うことで一人一人に適した診療を提供することを目標としております。
近年の糖尿病医療の進歩は著しく、多くの新しい薬が開発されています。当院でもインクレチン製剤、SGLT2阻害薬といった新薬もいち早く採用し積極的に取り入れております。新薬の治験にも参加しております。
また、他科やコメディカルと密接に連携しながら糖尿病合併症の予防・早期発見・治療を含めた全身管理を行うことができるよう努力しています。

外来担当表

  第一土曜
D7診察室 岡本・横塚
(隔週)
岡本 安田 横塚 岡本 安田
D8診察室       神谷   神谷
D9診察室         横塚  

図、表;当科外来通院中の糖尿病患者の平均HbA1cと7%未満達成率

図、表;当科外来通院中の糖尿病患者の平均HbA1cと7%未満達成率
  当科外来糖尿病患者数 平均HbA1c 7%未満達成率
2011年度 2357名 7.11% 57.3%
2012年度 2421名 7.15% 53.0%
2013年度 2496名 7.03% 57.3%
2014年度 2679名 6.99% 59.6%
2015年度 2832名 6.94% 60.2%
2016年度 2964名 6.94% 62.0%

糖尿病透析予防外来 (D8診察室、木曜日午前のみ2階の指導室)

糖尿病の合併症の一つである糖尿病性腎症の進行を防ぐための指導を行う外来です。 腎症の進行を防ぐには、血糖コントロールだけでなく、血圧コントロールおよび食事療法が非常に重要になります。 現在、透析導入になる原因疾患の1位が糖尿病性腎症になっていますし、腎症が進行していると脳梗塞や心筋梗塞・狭心症といった動脈硬化性疾患もリスクが高くなることがわかっています。 そこで、この外来では糖尿病専門医と糖尿病療養指導士の資格をもつ看護師・管理栄養士が連携して食事および生活の指導にあたっています。生活習慣や食事での塩分摂取量などを評価し、イラスト入りの独自のパンフレットを用いて、患者さんにあった指導を行っています。 平成25年4月1日より開設し、現在では年間200人以上の患者さんを対象に、毎月約100件の指導を行っております。

診療日時
初回のみ水曜日の予約制。2回目以降は通常診療日に指導を行います。
診療場所
内科 D8診察室
対象となる患者さん
HbA1cが6.5%以上もしくは糖尿病の薬物療法を行っている患者さんで、糖尿病性腎症2期以上の方。
※すでに透析療法を行っている方は対象外になります。

糖尿病性腎症の病期

病期 尿アルブミン値(mg/gCr)
あるいは
尿蛋白値(g/gCr)
GFR(eGFR)
(ml/分/1.73m²)
第1期(腎症前期) 正常アルブミン尿(30未満) 30以上
第2期(早期腎症期) 微量アルブミン尿(30~299) 30以上
第3期(顕性腎症期) 顕性アルブミン尿(300以上)
あるいは
持続性尿蛋白(0.5以上)
30以上
第4期(腎不全期) 問わない 30未満
第5期(透析治療期) 透析治療中  

実際の指導風景

実際の指導風景

実績

平成28年12月までに指導した311名について解析すると,指導前後でHbA1cは7.1±0.98%から7.0±1.11%、収縮期血圧は147.5±19.9mmHgから138.2±14.3mmHgと有意に改善し、約25%の患者で腎症の病期の改善を認めました。

収縮期血圧の推移

フットケア外来

診療日時
毎週火曜日・木曜日 9時から12時 予約制
診療場所
D4診察室

患者さんとともに歩むフットケア

フットケア外来は糖尿病患者さんの足のトラブル予防と早期発見、早期治療を目標として、足を守るために行っています。
胼胝、鶏眼、陥入爪、爪肥厚、白癬といった足のトラブルに対し、看護師がアセスメントとケア(予防的処置)を行います。
新しい機械を購入して、爪の処置が手早く行えるようになりました。
さらに血流評価を簡単に行える機械も導入しました。
糖尿病の患者様で足のトラブルでお悩みの方は是非ご相談ください。

爪や胼胝を削る機械

血流評価の機械

2014年4月からの実績

2016年度には年間約548名の延べ患者様がケアに来られています。
何らかの足のトラブルがあっても早期に発見できるため、守ることが出来ています。
これからも患者様の声に耳を傾けながら、ともに歩むフットケア外来を続けます。

フットケア受診者数

実際のケアの様子

実際のケアの様子

インスリン導入外来

糖尿病患者数が増加の一途をたどる一方で、仕事や経済的理由などで教育入院が困難であることが多くなってきています。 しかし本来、働き盛りの世代ほど血糖コントロールが重要です。 そこで、当院では外来にてインスリンおよびインクレチン製剤の自己注射導入が円滑に行えるように、糖尿病専門医と糖尿病療養指導士の資格をもった薬剤師、検査技師がチームを組んで対応しております。 注射製剤の自己注射指導及び自己血糖測定の指導を行い、あわせて低血糖時の対処方法など服薬指導も行っています。

「インスリン」とは

「インスリン」というとどうしても否定的な印象を受けられる方が多いと思いますが、インスリンは本来、体の中の膵臓という臓器から分泌されるホルモンであり、体内で唯一血糖値を下げることができるホルモンです。 インスリン治療が始まったからと言って、自分の膵臓からインスリンが出なくなるということはありません。 むしろ糖尿病のコントロールが悪い場合に、早期にインスリン注射を導入することによって膵臓の機能を温存・回復させることができます。

「インクレチン」とは

「インクレチン」とは食事摂取に伴い消化管から分泌され、膵臓に作用してインスリン分泌を促進するホルモンの総称です。 これまでにGIP とGLP-1 の2 つのホルモンが、「インクレチン」として機能することが確認されています。 インクレチンを分解するDPP-4という酵素を阻害することでインクレチンの働きを長続きさせるようにした内服薬がDPP4阻害薬と呼ばれる内服薬です。 一方、GLP- 1の構造を少し変えて(アミノ酸の配列の変更など)、DPP-4による分解を受けにくくしたのがGLP-1アナログという薬です。 アナログとは「類似の」という意味で、GLP-1そのものではないけれどもほぼ同じ働きをするということです。 この薬は注射製剤なので定められた回数を患者さんご自身で注射する必要があります。 この注射指導も外来で行っています。

診療日時
毎週木曜日 14時、15時 予約制
ペン型インスリン注射器

糖尿病教室

外来糖尿病教室

表彰状と粗品

表彰状と粗品

医師・管理栄養士をはじめとする医療スタッフがそれぞれの専門的立場からお話しさせていただき、皆様からの疑問・質問にもお答えいたします。 また管理栄養士からの食事のお話は毎回季節や旬に合わせて変わりますので必見です。平成29年5月から基本編・応用編に分けて開催しております。 基本編に関しては、糖尿病と初めて言われた方向けの講義形式の教室になっており、月1回、4回で1クールとなっています。 4回出席された方には賞状と粗品を進呈しています。 応用編に関しては、より糖尿病に関する知識を深めるためになるべく参加型の教室を目指しております。 月1回、6回で1クールですが、興味のある回だけの参加も可能です。
基本編では、当院独自のテキストを使用して各スタッフがお話していますが、購入されない場合は当日のみの貸し出しもしております。 また教室に参加できない方でもテキストのみ購入することは可能です。内科外来でお申し出ください。


曜日・時間
【基本編】毎月第2木曜日、【応用編】毎月第4木曜日 午後2時30分から 1時間程度

カンバセーションマップ

通常の教室は講義形式ですが、当院ではスゴロクのような「会話のための地図」【カンバセーションマップ】を用いた対話型の糖尿病教室を行っております。 糖尿病のことを皆で語り合うことでまた新たな気づきが生まれ、自分一人ではないとわかって安心したなどの意見が多く聞かれます。 糖尿病教室応用編の中でマップを使用した回を設けております。

曜日・時間
2019年1月24日(木)、2019年4月25日(木)
午後2時30分から 1時間程度

カンバセーションマップ
カンバセーションマップ

実際の様子
実際の様子

もちろん、個人での栄養相談は随時行っております。

糖尿病教育入院

糖尿病を初めて指摘された患者さんや糖尿病コントロールがうまくいっていない患者さんを対象にクリティカルパスを用いて2週間を目安に教育入院を行っています。
平成28年1月から入院中の糖尿病教育の充実を図るため、毎日病棟で教室を開催しております。2週間で1クールになっております。
また、運動療法として、昼食後に病棟内でラジオ体操を行い、その後、可能な方には歩数計を貸し出し、院内ウォーキングに行っていただいています。歩数を確認するとともに、運動の前後で血糖測定を行っています。運動することで実際に血糖が下がることが体感できるため、モチベーションの向上につながっています。

曜日 時間 内容 担当者 場所
15:00~ 糖尿病とは 医師 1-6処置室
14:00~ 食事療法 栄養士 1-6処置室
14:30~ 教室/マップ   第4会議室
14:00~ 薬物療法 薬剤師 1-6処置室
14:00~ 糖尿病の合併症 医師 1-6処置室
13:00~ 運動療法 理学療法士 1-6病棟
14:00~ フットケア含め日常生活について 看護師 1-6処置室
14:30~ 教室/マップ   第4会議室
15:00~ 糖尿病の検査について 検査技師 1-6処置室
14:00~ まとめ 医師 1-6処置室

入院期間はあくまで目安ですので個々にご相談可能です。最短では2泊3日という方もみえます。糖尿病教室に関しても入院した日から参加できますので、何曜日からでも入院は可能となっています。

入院中の教室風景
入院中の教室風景

運動療法の風景
運動療法の風景

最新のインスリンポンプ治療について

メドトロニックiPro2

メドトロニックiPro2

24時間持続で血糖を測定することができる機械「メドトロニックiPro2」が発売され、当院でも使用しております。 この機械は、7日間連続で皮下に機器を装着したまま、血糖値を測定・記録する機械です。 この機械により、夜間就寝中の血糖など従来わからなかった血糖変動がわかるようになり、より良好な血糖コントロールにつなげることができるようになりました。

また、さらに昨年12月には、インスリンポンプに「パーソナルCGM」(持続血糖測定)を搭載した機器が使用可能になりました。 このパーソナルCGM機能を搭載したインスリンポンプ療法をSAP(Sensor Augmented Pump)療法といいます。 インスリンポンプとは、必要なインスリンを少量ずつ体内に持続的に皮下注入する携帯型の小型機器で、1型糖尿病や糖尿病合併妊婦に多く用いられています。 そのポンプにCGMが搭載されることで、間質液中の糖濃度を測定し、その値をインスリンポンプのモニターに表示します。

パーソナルCGM

パーソナルCGM

これによって、従来の血糖自己測定やHbA1cの値では把握できない血糖変動を的確に把握することができ、低血糖時にはアラームが鳴ったり、インスリン注入が停止されるなど予期せぬ低血糖や高血糖への対応がより早くできるようになりました。
当院でもこの最新の機器を使用することが可能になっています。

血糖コントロールが不安定な1型糖尿病の方やインスリン頻回注射を行っている2型糖尿病の方、膵臓の手術をされた方などがよい適応になります。
ご興味のある方は当科医師までお問い合わせください。

認知症疾患医療センターとの連携

当院は認知症疾患医療センターに認定されており、認知症疾患医療センターとしても認知症センターとの連携に力を入れています。
糖尿病患者さんでは認知症の発症リスクが高いことが様々な疫学研究で判明しています。2型糖尿病は、血管に障害を起こすため脳血管性認知症の発症リスクを高めますが、アルツハイマー型認知症になるリスクも高いことがわかっています。
また、認知症が進行すると糖尿病コントロールは悪化し、高血糖がさらに認知機能を低下させるという悪循環が高齢者において非常によくみられるようになっています。認知症が重度の場合、一般病院での入院が困難になることが多いのですが、当院では認知症サポートチームと連携し周辺症状をコントロールしつつ入院を継続できるように配慮しています。患者さん個々の社会背景に応じた糖尿病治療を選択することで、患者さんやご家族のご要望にお応えできるように努力していきたいと考えております。
また、当科に通院されている糖尿病患者さんの認知症早期発見・早期治療のために、物忘れスクリーニングテストを行ったり、透析予防外来で指導を受けている70歳以上の患者さんには認知機能の評価を年1回行ったりしております。必要に応じて認知症疾患医療センターに紹介いたしますので、ご心配なことがあれば主治医にご相談ください。

もの忘れスクリーニングテストをうけてみませんか?

お気軽に内分泌・代謝内科医師までお尋ねください。

もの忘れスクリーニングテスト
もの忘れスクリーニングテスト(浦上克哉 2003)
問題 回答 配点
3単語の即時再生 桜・猫・電車(梅・犬・自動車) 3
時間の見当識 年・月・日・曜日 4
立方体模写 立方体 2
3単語以上の遅延再生 桜・猫・電車(梅・犬・自動車) 6
15点満点。12点以下はADの疑い。

病診連携について

当院では、病診連携に力を注いでおります。糖尿病センターでも地域の診療所の皆様と密に連携を取り合っていきたいと考えています。
今まで紹介させていただいた各専門外来及び糖尿病教室などに関しては、当院通院中の患者さんだけではなく地域の診療所の患者さんにも簡単に受けて頂くことができます。また教育入院に関しても、かかりつけの診療所より依頼があれば、外来受診をせずに直接入院の手続きをとることも可能です。
また、糖尿病は細小血管障害・動脈硬化といった血管合併症だけでなく悪性腫瘍の罹患率も高いことがわかっています。当院では外来及び入院患者に対して動脈硬化の早期発見・早期治療のために頸動脈エコー・脈波図・負荷心電図などを積極的に行っています。そこで、地域の診療所に通院されている患者様に対しても、血管合併症と悪性腫瘍のスクリーニングを兼ねた検査を一括して行いその場で結果説明ができるようにしたいと考えています。具体的には腫瘍マーカーを含めた血液検査、尿検査、脈波図、負荷心電図、頚動脈エコー、腹部エコー、神経診察、眼科受診などを半日で行い、その日に患者様に結果説明をさせていただき、またその結果をかかりつけ医に情報提供させていただきます。簡略化した申込書のみで受診していただき、情報のやり取りをしていくことで将来的に地域との循環型パスの作成を目指しています。
外来受診、教室参加、合併症精査、入院などに関してのご依頼は地域医療連携室までご連絡ください。

糖尿病患者様の総合検査のご案内

合併症予防のための定期検査を受けてみませんか?
これらの検査が午前または午後の半日で行えます。当日、患者さんに結果を説明することも可能です。

合併症予防のための定期検査

糖尿病患者様が定期的に行っておくとよい検査

血液検査 血糖、HbA1cだけでなく、腫瘍マーカーも含めてチェック
尿検査 尿蛋白、尿中アンブミン指数を測定し腎症の評価
負荷心電図 無症候性のことがあり、年1回は施行しておくとよい
脈波図 血管年齢及びASOのスクリーニング検査
ASOを合併すると生命予後が非常に低下し足病変の原因にもなります
細胞外液検査 体組成を調べ、筋肉量や体脂肪を評価
頸動脈エコー
腹部エコー
動脈硬化の原因となる血管内のプラークの有無
糖尿病患者の死亡原因の1位は悪性腫瘍
神経診察 振動覚・アキレス腱反射などで神経障害の有無を評価

新しい24時間血糖測定器 FreeStyle リブレPro

昨年12月に保険適応となったセンサーを装着するだけで最大2週間、24時間にわたる血糖値を知ることができるFreeStyleリブレProという機械を新たに導入しました。腕の後ろに500円玉くらいの大きさのセンサーを装着するだけで自分の血糖値を知ることができます。センサー装着時もほとんど痛みはなく、装着後もほとんど違和感がありません。
センサーを装着している間、患者さんは特に何もする必要がなく、普段と変わらない日常生活を過ごしてもらいます。センサー装着から2週間後に自分でセンサーを取り外し病院に持ってきてもらいます。病院でパソコンを用いてデータをとりだし患者さんに説明させていただきます。
自分の24時間にわたる血糖値を知ることで、食事や運動の内容・薬の内容やインスリン量を見直すことができ、血糖コントロールの改善が期待できます。
費用は保険3割負担の方で4014円、1割負担の方で1338円です。
なかなか思うようにコントロールが改善しない方、血糖変動が激しくて困っている方などご興味のある方はお気軽にご相談ください。

リブレセンサー
リブレセンサー

リブレプロデータ
リブレプロデータ

平成29年3月

〒451-8511 名古屋市西区栄生2-26-11 TEL:052-551-6121

Copyright(c) MEITETSU HOSPITAL All Rights Reserved.