予防接種センター

ご案内

受診の詳細は下記ホームページをごらんください。
予防接種に関する解説PDFファイル

受付時間

受付時間 午前 午後 電話相談
予防接種(9:00~11:30)
予約制
予防接種(1:00~3:30)
予約制
予防接種(9:00~11:00)
予約制
予防接種(0:00~3:00)
予約不要
午後
(5:30~午後6:30)
予防接種(9:00 ~ 11:30)
予約制
《休診》
予防接種(9:00~11:00)
予約制
予防接種(0:00~3:00)
予約不要
予防接種(9:00~11:30)
予約制
《休診》
土(第1) 予防接種(9:00~11:30)
予約制
  • 原則2診で、宮津・菊池が診察します。祝祭日は休診。
  • 月(午前・午後)、火(午後)、水(午前)、金(午前)は代務医も診察します。

諸注意

  • 月曜日~金曜日と第1土曜日の午前と、月曜日の午後は全て予約制です。
  • 火曜日と木曜日の午後予約不要です。受け付け開始〔総合受付〕は午前11時30分からです。受付順に午前12時からセンター外来で予診表を記入して、準備のできた方から午後0時30分頃に診察を開始します。受け付け終了は午後3時です。インフルエンザワクチンの接種時期[10月末から1月頃まで]は、かなり混雑します。2~3時間程度の待ち時間はご了承ください。
  • 国内で手に入る全種類を接種しています。輸入ワクチンも扱っています。[黄熱は除く]
    定期
    不活化ポリオ[小児麻痺・IPV]、DPT-IPV4種混合、小児用13価肺炎球菌[PCV13:プレベナー]、ヘモフィルスインフルエンザ菌b[ACTHib:アクトヒブ]、子宮頸がん(HPV2・HPV4)、日本脳炎、麻疹[はしか]、風疹[三日ばしか]、MR[麻疹・風疹]二種混合、BCG、ツベルクリン検査、DT[ジフテリア・破傷風]二種混合、水痘、インフルエンザ[65歳以上]、23価肺炎球菌[65歳]
    任意
    インフルエンザ、水痘・帯状疱疹、おたふくかぜ[ムンプス・流行性耳下腺炎]、DPT-IPV 4種混合、A型肝炎、B型肝炎、破傷風、狂犬病、ロタ胃腸炎[2価・4価]、13価肺炎球菌[65歳以上]、23価肺炎球菌[PPV23:ニューモバックス](2歳以上)、成人用ジフテリア、子宮頸がん[HPV]、高山病予防薬(ダイアモックス)、マラリア予防薬(マラロン・メフロキン・ドキシサイクリン)、グロブリン製剤(B型肝炎、破傷風、麻疹)、4価髄膜炎(メナクトラ)
    輸入ワクチン・要事前確認
    Mencevax(MPV4)[4価髄膜炎菌]、Typhim Vi[腸チフス]、Rabipur、Verobab[輸入狂犬病]、Boostvix(Tdap)[青年用DPT三混]、Encepur(FSME)[ダニ脳炎]、HAVRIX1440[輸入A型肝炎]、Vivaxim[A型肝炎+腸チフス]、MMR-Ⅱ(麻疹・風疹・おたふく)三種混合
    シナジス[RSウイルス]は小児科へお問い合わせください。
  • 基礎疾患児[痙攣、アトピー・喘息、心・腎・肝臓病、未熟児、発育不良児]、年齢超過児、接種間隔不規則児、及び一般健康小児・高校生・大学生・成人・高齢者・外国人、海外渡航者、帰国者などを対象に接種します。母子健康手帳【予防接種記録】は必ず持参ください。
  • 留学や海外渡航者へは、必要最小限のワクチンを要領よく同時接種を組み合わせて、短期間に適切に接種します。ツベルクリン反応や免疫抗体検査や胸部レントゲンなど健康診断を含めた英文の証明書も迅速に発行します。留学される方は、来院時に準備いただく資料がありますので、必ず相談電話で連絡ください。母子健康手帳【予防接種記録】と証明書類は必ず持参ください。
  • 診療時間予約は、平日の午前8:30から午後5:30までに予約専用電話でお願いします。
    診療時間中の予約や問い合わせは、つながりにくいことがありますが、御了承ください。
    予約電話【052-551-6126】
    接種される方の氏名・年齢・連絡先・希望するワクチンをお知らせください。
  • 受診前の接種相談を是非ご利用ください。
    氏名、年令、目的、渡航の場合は渡航先、期間、渡航日、連絡先などをお知らせください。
    電話相談:平日火曜日~金曜日の午後5:30~6:30頃。【090-1417-9005】
    FAX相談:24時間受付。確認後早々に回答。【052-551-6308】
    Mail相談:24時間受付。確認後早々に回答。【mmiyazu@meitetsu-hpt.jp
  • 急ぎの電話相談はこれ以外の時間でも対応しますが、都合ですぐに出られないこともあります。
  • 生ワクチン[麻疹・風疹・おたふくかぜ・水痘]接種後に抗体検査をして免疫を確認しておきましょう。1回の接種では15人に1人程度は陽転しません。接種から6~8週間すれば検査できますが、適切な検査方法を選んでください。麻疹と風疹はHI法、おたふくかぜは ELISA/IgG法、水痘はIAHA法かELISA/IgG法が最も適切に評価できます。陽転すればその疾患には罹りません。
    陰性ならば再接種しましょう。
    接種後5~10年も経てば麻疹はNT法かPA法か、せめてELISA/IgG法で検査してください。妊娠希望の女性の風疹抗体価はHI法で少なくとも32~64倍以上が必要です。判定基準など詳細はPDFファイル参照
  • 昭和50年~52年生まれの方は、ポリオ[小児麻痺]1型の免疫が約半数の人で不足ですので海外渡航だけでなく国内在住でも1回追加しておきましょう。4種混合(DPT-IPV)で追加すると有利です。授乳中でも大丈夫です。

平成28年5月

〒451-8511 名古屋市西区栄生2-26-11 TEL:052-551-6121

Copyright(c) MEITETSU HOSPITAL All Rights Reserved.